株式会社ミズキ

精密ネジ・シャフト・機密締結部品
株式会社ミズキ

COMPANY

企業情報

沿革

沿革

1939年5月 東京都港区麻布広尾町に水木兼太郎が水木製鋲所を創設し、ねじ部品の生産を開始
1947年7月 終戦後、東京都港区麻布竹谷町に工場を再建、9月に操業を開始
1953年1月個人企業から法人組織に改め、株式会社 水木製鋲所として発足
資本金:200万円
1960年2月機械設備増設に伴い、広尾に工場を増設
資本金:300万円に増資
1962年2月東京都町田市に、本社・工場を移転し、操業開始
1963年9月自社製「高速コールドヘッダー」1号機を完成
1964年5月資本金:1,000万円に増資
1965年11月自社製「自動座金組込みネジ転造盤」1号機を完成
1970年5月本社・町田工場、第三工場を完成
1975年6月資本金:2,500万円に増資
1977年12月水木 六郎 代表取締役に就任
1984年11月社名を「株式会社 ミズキ」に変更
1986年4月山梨県都留市に山梨工場を開設、操業開始
1994年11月神奈川県綾瀬市に、本社・工場を移転し、操業開始
資本金:2,750万円に増資
2004年6月環境マネジメントシステム
ISO14001:1996(JIS Q14001:1996)認証取得(審査登録証 No.:SGS J/E 382)
2005年4月品質マネジメントシステム
ISO9001:2000(JIS Q9001:2000)認証取得(審査登録証 No.:SGS/J/Q 1362)
2008年10月水木 太一 代表取締役に就任
2017年11月新工場竣工
旧本社と山梨工場を結合し、操業開始

精密ネジ、シャフト、その他精密締結部品ならお任せください。技術、品質、納期の全ての面で御社のご要望にお応えします。